スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負の世界 

2012, 10. 28 (Sun) 19:21


おはこんばんちは~



ルィです。




今日は、リアルにて、リアルユィの試合がありました。


ちょっと聞いて下さい。。


リアルユィはスポーツ少年団で格闘技を習ってます。ユィ少年団は、ルィの出身少年団でもありますが、そんなに強いチームではありません。

そもそもスポーツ少年団とは、子供の育成が目的。
スポーツを通じ、強く、体もたくましく、友達などなど。とにかくただ、強くなるというのではないので、様々な子供がいます。

ルィも妊娠するまえは、少し教えてましたが、、教える側としては、正直なところ、強くなりたくて今のやり方では満足していないなら、道場にいけと思ってますよ。少年団を指導するうちらは、お金もらってやってませんよ。忙しい中、先生方来ています。


さて、本題にいきます



今日の試合は親善試合で、まぁ隣街同士、仲良くしましょうや的な試合。



主催は、A少年団。



ところがA少年団っつうのが、本当に、本当に、、






昔から強い。何しても勝てない。
人数もやっぱ多い。



かたやユィ少年団、、人数は両手くらいで強い子供が2人くらい。
しかし両手しかいなくて2人強いのがいるって確率はすごいけどね。


残念ながら、2人のなかにユィは入ってません。。




そして、最近なくなってしまった少年団もあり



本当に少ない試合。





トーナメント表見ると







あからさまな、誰が見てもわかるようなA少年団の子供たちの有利さ。



シードがほぼ、A少年団。



あからさますぎる。
ユィ少年団の強い2人も、あからさまにA少年団の一位二位を争うほどに強いのを最初にもってきてつぶす。


団体戦にいたっては、ユィ少年団とB少年団だけ、、一回余分に勝たないといけないトーナメント。


聞くと昔かららしい。
昔から、汚いトーナメントの組み方するらしいわ~




しかしながら、強いから文句は言えない。



勝負の世界って、本当に強いヤツが上なんです。
どんなんでも、強ければ上。



ユィが、


なんで練習しても勝てないの?



と泣きながら。。


ルィ

練習の度合いとか、やり方、時間、かけるものが違うよ。
ユィ少年団よりA少年団は、きっと倍練習してる。
友達と遊んだりすることよりも練習してる。
先生にどれだけ怒られても泣いても、練習してる。

それは強くなりたいから。まわりがみんな、同じ思いだから。

でも、友達と遊んだり、少年団通じて友達ができたり強くなれなくても、心が強くなれたり。
ルィはそれでもいいと思うよ。
現にユィは、負けたら悔しくて悔しくて泣いた。それだけで強くなれてる。

今以上に強くなりたきゃ○道場にいくよ。
そのかわり、友達とはまったく遊べなくなる。
よく考えなさい。



こう話した。。
負け惜しみでもなんでもなく、本当にそう思うから。言っとくけどぉ!ルィも、ユィと同じ格闘技やってましたから、全てわかる(笑)

真剣に練習し、真剣に戦って負けたなら、実力が足りないだけ。練習が足りないだけ。


強くなりたきゃ、犠牲を作ってでも練習だよ。



でもでも。






あからさまな汚いトーナメント。。ふぅ。



ま、ユィもいい経験したよね。負けて負けて強くなれるよ。特に心がね!



こちらも疲れたよ。。

今日は朝から謎の冷や汗に謎の胸の痛み、謎の嘔吐があってさ。
マジヤバかったよ。
救急車呼んでくれ!と思ったくらい。

なんでかな?
朝食べたものもさ、ただの春雨スープやよ。
ラジオ体操したあと、急に動けなくなっちゃったんよ。


怖かった。



さて、委任ばっかで今日は冒険だ。



ぎやあ!
ジャカルタ前、封鎖じゃないか!





にげよ

コメント

負けてくじけちゃう人 負けて強くなる人
色んな人いるけど強くなる人って
いつも誰か良い方向へ導いてくれるからだと思うんです
その代表はやっぱり親ですよね
負けてねじれた性格になっちゃう人もいるしね
ユィちゃんが真っ直ぐな良い子に育ってるって事は
凄く良いおかあさんなんだと思いますよ

2012/10/30 (Tue) 10:37 | ぺ | 編集 | 返信

ちゃるし

負ける美学は、哲学とも言うべきで、難しい問題ですね。
人は生きてます、行動します。
自分のしている行動は、果たして意味があるのか?
その点「勝つ」ということは、非常にわかりやすい目標でありモチベーションに繋がります。
では、「負ける」ということは?
その先には、出会いや別れ、ペットの死、人の死、自分の死があります。
何か心に残る出来事があったら、親子でいろいろ考えて話してみるのが大事なんでしょうね。
ぺさんの通り、勝ちは導く必要が無いので指導者は楽です。
負けた場合の導きが大切であり難しいと思います。

ゆとり世代の徒競走全員同時ゴールがいいのか、
勝ち負けをつけたほうがいいのか
負けた人が価値がないわけではないので、
別な何か適性のあるものを伸ばすというのもあるわけで。

負け癖が染み付くよりは勝ち癖をつけるべく、ユイちゃんに向いてる何かを一つ目指させてあげたいなぁと、
余計な一言ですが、書かさせていただきました。

2012/10/30 (Tue) 14:38 | ちゃるし | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。