スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てたもんやない 

2013, 12. 30 (Mon) 19:33




おはこんばんちは~





ルィです。






最近は、本当に人の力を借りてばかりの時間でした。



まずはルィ。





明らかになる~クエを出すために、友達に相談していたんやけど、300枚使うと、さすがに辛い。
希少だろうし、紹介も厳しいだろうなと思ったんで、地道にナマモノやってけば、いづれ出せるかなと、気楽にいこうと無理やり思い



相談していた友達に、あきらめたよメールをしました。


そしたら






紹介してあげるよ。てか、やってみるから。




おおおおおお!!
まじかいな!





アナコンダ発見して、さっさとロンドンへ。(アナコンダ発見は、ルィの密かな夢であったりした)




友達
「やってみるか!」




神様。。お願いいたします。ルィは無理でも、友達はルィを助けようとしてくれてるだけなんだから。。
お願いお願いお願い・・







友達


「出た!」







やったあああああああ!




さすがだ!!さすがすぎる!ありがとう!ありがとう!



なんだか放心状態になり、クエ画面を見せつけたまま、お風呂タイム。



ちびっこたちのお風呂タイムを早くすませ、寝かしつけ。昨日はマック様に寝かしつけはお願いしました。マック様、上手なの。



さぁ!やるか!とばかりに再開したら、商会メン、




真珠、今日はなかなかよいよ





おっ!ならいこうかな。クエは受けてるからいつでもいいし。




レィさま!
いこ!





宝石R20の威力を借り、ひたすらえっさ。ほいさ。





ふと





騒がしいジャワ海





あらま ルィの友達がいる

TEL
「キャーニゲロ」

友達
「身ぐるみ置いてけ」

レィ
「エロ海賊め、、女は体で感じるはホント!!」

友達
「俺は心も体もだぜ」


レィ
「エロ海賊」



友達
「(´Д`)」




そんな普通の会話しながら、真珠ガンガン。





レィ、レベル55に!稼ぎも30M!
ものすごいっす!ありがとう!
普通の会話してくれたエロさんもありがとう!年末に話せてよかったよ~



全く。すごく皆様にお世話になりっぱなしですよ。


明日、アップできないかもしれないから、今、言っときます。






今年もあと1日。
皆様、お世話になりました。来年もどうか、よろしくお願いいたしますm(__)m

ルィ、レィ、チョコダップルの皆様

ユィ、カツオだし商会の皆様、

フレの皆様、来年も遊ぼうねぇ~

ルィ ユィ レィ




続きはリアル









今日、墓参りに行きました。ルィは月に一度は行っていたんですが、ミニマック生まれてからは、なかなか行けずじまいでしたので、今日行きました。


軽く掃除をし、花を添え、お礼を言い車に。







ん?







アワワワワ(゜ロ゜)






車のエンジンがかからない。




やべ。まずい。
まずは車屋さん。



休み入ってる~



何回かチャレンジ。




てか前から調子は悪かったんやけど、、まさかここかいな。墓でやで。
しかもそこは、かなり道幅は狭く、しかもかなりでかい墓地なため、この時期は人がいっぱい。


山にあるので、かなり急な坂。



だんだん焦ってきた。。





マックさま、仕事
実家が近いため、実家の両親、不在
車屋さん、休み




むむ。。どうしよう。
こんな狭い場所にJAFとかって。きびしいよ。でも仕方ない。呼ぶしかないかとあきらめかけた時!



でかい車の人
「あのぅ、よければバッテリーつなぎましょうか?」

前に調子悪かったとき、車屋さんがいっていたのは、バッテリーではなかった。だから一瞬考えた。
だってつないでエンジンかからないと、相手に申し訳ないやん。
よくみると、赤ちゃん乗せてるし。

でも、、やるだけやってみよう。


ルィ
「お願いできますか?ブースターケーブルはもっておりますので。。あ、でも、エンジンかからないかもです。前から調子悪かったから。。」


でかい車の人
「やってみましょうね」



ブースターケーブルは、若い頃から古い車ばっかり乗っていて途中で止まったりとか、その他色々な経験上持ってました。




すると






かかった!!!




ルィ、リアルユィ、ミニマック
「ありがとうございました!m(__)mm(__)m」




なんとも、、優しい方だ。世の中、捨てたもんやないです。


本当にありがとうございました。
ユィもミニマックも、あなたたちの優しさにふれ、きっと何にも変えれない経験になったかと思います。



エンジンをかけていただいた足で、ようやく連絡がとれた実家へまずいき、親が帰ってくるのを待ち

(車の鍵に実家の鍵がついており、はずせなかった。エンジン切っちゃうと、またかからない可能性があるし)

親に子供らを預け、バッテリーを買いに急ぎ、変えました。



これで様子みたいと思います。




しかし、ご先祖さまが教えてくれたんやろな。もう、ヤバイで~って。



みんなに、ありがとうだ!




バイナラ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。